映像編集の求人に必要とされるスキル

subpage01

映像編集の求人に必要とされるスキルは編集ソフトを使いこなす技術です。



最近はどんどんと編集ソフトが高度化していますから、そのスキルもどんどんとレベルが上がっていることになります。自分がどういうスキルを持っているのかを認識して、映像編集の技術を上げていくことも必要になることもあるでしょう。


ただ、最初から完全に高度なスキルをマスターしている必要はありません。

というのは今の映像編集の技術は日進月歩で進化をしている最中ですから、基本をマスターしていれば後は会社が教えてくれるとともに、最新技術については自分で学ぶことになるということになるからです。つまり、常に学習して新しい技術を取り込む姿勢というものが映像編集の求人に必要とされるともいえるでしょう。今は映像編集の求人に必要とされるスキルも多様化しています。

一つ上の朝日新聞デジタルの特徴をご紹介する情報です。

CGのような技術もいろいろで3Dの技術であったり、VRといわれる仮想現実の技術であったり、これまでの手書きアナログチックな技術と実にさまざまです。最近では実際の景色をデジタル写真として、これを背景CGとして加工するような技術も使われていたりと、会社によって使われ方はいろいろです。


そのため、自分が希望する会社がどういう技術を使っているのかは、前もって確認しておくことも必要です。



そのためには、それまでその会社が作っている作品を見ておくことや、ホームページを見て、その会社が使用しているツールなどを調べておくといいでしょう。